導入事例Case study

ホーム / 導入事例 / お買い物支援クラウドシステム

お買い物支援クラウドシステム

課題・テーマ 使用端末
課題・テーマ 安価なシステム構築 使用端末 iPhone

Androidスマートフォン

.

地域の商店街と利用者をチラシとネットでつなぐ

買い物支援システム“ネットのおつかい”

 

  ハンディマネージドサービスは、ハンディターミナルと業務アプリケーションをスポット提供する仕組み。ハンディターミナルを使って入庫処理や棚卸、出荷検品作業を行うシステムを提供している。その技術を使って主に高齢者の方たちを指す“買い物弱者”が自宅にて買い物ができる仕組みを構築。スマートフォンの利用(レンタル)や@Hywayを利用することで、システム開発コストを抑えることが出来、サービス価格を安価に設定することが出来た。
課題1:
安価にシステム構築できること。
課題2:
各種アプリを共通プラットフォームで構築できること。
課題3:
画像データを軽い容量で送信できる仕組みであること。
@Hyway導入による効果
効果1:
@Hywayサブスクリプションの採用により、イニシャルコスト0で環境構築が可能となりランニングコストも削減することが出来た。
効果2:
機種依存しない開発環境により、iOSとAndroid端末の共存が可能となった。
また、SIM@Hywayの採用により通信インフラの構築もせずに稼働が可能となった。
効果3:
画像の高圧縮技術により、4G/LTE回線でも帯域を圧迫せずに画像の伝送が可能となった。

.

参照元:www.jgsoinc.com/okaimono/