沿革History

ホーム / 会社情報 / 沿革

1993年
  • 10月
  • 東京都中野区にて設立、バーコードを活用した生産管理システムや倉庫・物流管理システムの開発を手掛ける
1995年
  • 10月
  • 東京都杉並区に移転
1999年
  • 5月
  • 東京都新宿区に移転
2002年
  • 5月
  • 武漢(中国)開発センター開設、@Hyway開発に着手
  • 8月
  • 資本金を2,000万に増資
2003年
  • 1月
  • 独自無線版@Hywayリリース
2004年
  • 2月
  • 東京都港区高輪に移転
  • 7月
  • WiFi無線版@Hywayリリース
2005年
  • 1月
  • 携帯無線版@Hywayリリース
2006年
  • 3月
  • 資本金を3,000万に増資
  • 10月
  • 日本マテハン協会創立50周年記念大賞(研究開発部門)受賞
2007年
  • 8月
  • 資本金を5,500万に増資
2009年
  • 8月
  • 資本金を9,500万に増資
2010年
  • 12月
  • 東京都港区芝大門に移転
2011年
  • 7月
  • 上海海微信息科技有限公司を設立、中国市場をターゲットにした営業活動を開始
  • 8月
  • Android版スマートフォンに@Hyway搭載
2013年
  • 10月
  • 「@Hyway」が文字商標として登録完了
2015年
  • 6月
  • 電子商取引に関する事業開始
  • 7月
  • 商品輸出入、販売及び代理店業務に参入
2016年
  • 4月
  • 「@Hyway」のアメリカ商標を取得
  • 11月
  • 中国にて越境流通プラットフォーム事業を行う合弁会社設立に合意
2017年
  • 1月
  • 東京都港区三田 三田国際ビルに移転
  • 3月
  • 合弁会社へ出資
  • 12月
  • 株式会社ハイウェイテックジャパン(子会社)設立